借地権相続のトラブル

地主から土地を借りて住居や倉庫を建てるのであれば借地権が必要になります。この借地権とは地主に地代を払う必要がありますので、期限を決めて契約を結ぶ必要があるのです。そして、この借地権を持っている人間が死亡した場合、残された家族は借地権も相続することが出来ます。これはほかの遺産と同様に扱うことが出来るのです。そして、借地権は借地借家法によって定められていますが、死亡した契約者の名義のままで借地権を使用出来ることもあります。相続したにもかかわらず新たな契約をせずに土地を借り続けるケースもあるのです。

相談しかし、必ずしもそのまま土地が借りられるとは限りません。地主によっては新たな契約者との書類作成を求める場合もありますし、場合によっては更新料が発生することもあるのです。もちろん、この程度の手間でしたらそれほど問題はありませんが、中には借地権者が死亡したことで地主から土地の返還が求められることもあるのです。これは大きい問題でしょう。

そのため、借地権を相続することで思いがけないトラブルが起こることもあるのです。こういったトラブルは裁判沙汰になることもありますので、それを避けるために底地取扱店などに相談しましょう。


参考≪借地権の相続トラブル/ピタットハウス