借地権を売却するには

借地権相続のトラブルについて説明してきました。

地主から土地を借りる場合は借地借家法によって借地権が定められていますが、この借地権を売却することは出来るのでしょうか。借地権を相続した際に売却を検討するケースがあるのです。

相続税借地権を交わした方が死亡した場合、その遺産と同じように借地権も相続されますが、そこでは相続税が発生してしまいます。そこで地方など土地の安いエリアであれば相続税も安いので、そのまま借地権を相続するケースが大半です。しかし、都心部によっては相続税が跳ね上がることも多いのです。中には数億円という相続税がかかることもあり、支払いが難しいこともあります。

もちろん、この相続税が払えるのであれば問題ありませんが、多くの方は支払えない金額でしょう。そういった際に借地権の売却を検討するものです。しかし、いくら借地権を持っていたとしても勝手に売却することは出来ませんので、地主に売却の承諾書を書いてもらいましょう。地主から承諾を得ることで借地権の売却が出来るのです。しかし、借地権の売却にはそのほかにもさまざまな法律の問題が関係しますので、一般の方だけで話しを進めることは困難でしょう。そのため、借地権の売却をするのであれば底地取扱店に依頼してください。

借地権相続のトラブル

地主から土地を借りて住居や倉庫を建てるのであれば借地権が必要になります。この借地権とは地主に地代を払う必要がありますので、期限を決めて契約を結ぶ必要があるのです。そして、この借地権を持っている人間が死亡した場合、残された家族は借地権も相続することが出来ます。これはほかの遺産と同様に扱うことが出来るのです。そして、借地権は借地借家法によって定められていますが、死亡した契約者の名義のままで借地権を使用出来ることもあります。相続したにもかかわらず新たな契約をせずに土地を借り続けるケースもあるのです。

相談しかし、必ずしもそのまま土地が借りられるとは限りません。地主によっては新たな契約者との書類作成を求める場合もありますし、場合によっては更新料が発生することもあるのです。もちろん、この程度の手間でしたらそれほど問題はありませんが、中には借地権者が死亡したことで地主から土地の返還が求められることもあるのです。これは大きい問題でしょう。

そのため、借地権を相続することで思いがけないトラブルが起こることもあるのです。こういったトラブルは裁判沙汰になることもありますので、それを避けるために底地取扱店などに相談しましょう。


参考≪借地権の相続トラブル/ピタットハウス

借地権の相続と売却

家を建てるには土地が必要ですが、その土地は必ずしも自分のものである必要はありません。土地を借りることで家を建てることも可能です。第三者の土地を借りるには借地権と呼ばれる権利があり、借地権を持っている方でなければ借りた土地に家を建てることが出来ません。そして、借りた土地に家を建てた場合、土地は地主のものですが建物は住んでいる方のものです

借地権戦前の日本では土地を所有するという概念がそれほどありませんでした。そのため、都内の下町の9割は借地借家だったと言われており、戦後からは住宅需要が高まったことから借地権によって借主が保護されるようになったのです。そして、戦後の日本は高度経済成長に入りますが、経済が上向きになるにしたがって土地の値段も高騰しました。本来であれば土地を貸す値段も上昇しなければならないのですが借主の権利が強かったため、地主は戦前の安い値段で貸すしかなかったのです。しかい、これではあまりに地主が不利になってしまいますので、平成3年10月に現在の借地借家法が公布されました

そのような背景を持つ借地権ですが、この借地権を持つ方が亡くなった場合に借地権を相続することが出来るのです。そして、相続した借地権を売買出来るのですが、専門的な知識が必要になるので低地取扱店に相談する必要があります。こちらでは相続した借地権の売却や底地取扱店への相談方法に関する情報を集めました。この情報を参考にしてください。