借地権を売却するには

借地権相続のトラブルについて説明してきました。

地主から土地を借りる場合は借地借家法によって借地権が定められていますが、この借地権を売却することは出来るのでしょうか。借地権を相続した際に売却を検討するケースがあるのです。

相続税借地権を交わした方が死亡した場合、その遺産と同じように借地権も相続されますが、そこでは相続税が発生してしまいます。そこで地方など土地の安いエリアであれば相続税も安いので、そのまま借地権を相続するケースが大半です。しかし、都心部によっては相続税が跳ね上がることも多いのです。中には数億円という相続税がかかることもあり、支払いが難しいこともあります。

もちろん、この相続税が払えるのであれば問題ありませんが、多くの方は支払えない金額でしょう。そういった際に借地権の売却を検討するものです。しかし、いくら借地権を持っていたとしても勝手に売却することは出来ませんので、地主に売却の承諾書を書いてもらいましょう。地主から承諾を得ることで借地権の売却が出来るのです。しかし、借地権の売却にはそのほかにもさまざまな法律の問題が関係しますので、一般の方だけで話しを進めることは困難でしょう。そのため、借地権の売却をするのであれば底地取扱店に依頼してください。